他社製品との違い

Classy Bowlと、他製品との違いをまとめてみました。

できるだけストレスを無くしてあげることが ペットの長生きにも繋がると思いますので、

ぜひトライしていただけたら幸いです。

 

Q:他社製品とClassy Bowlは、どこが違うの?

A1:高さがネコの胸の位置にある

胃袋のある胸の位置で食事をさせることで、猫の吐き戻しを軽減します。

食欲の低下した高齢ペットの食欲増進も期待できます。


A2:お皿が広く浅い

神経質な猫はヒゲがつかえることがストレスです。

顔を突っ込まなくてすむよう広く浅くヒゲが器にあたらないように設計されているため、

食事中のストレスを軽減します。


A3:重みがある

ペットが乗ったり、押したりしても倒れにくくなっています。


A4:フードがこぼれにくい

縁に工夫があり、食べこぼししにくくなっています。

 

A5:ペット先進国のカナダ生まれ

現在では日本国内でも、高さのあるフードボウルが良いと言われはじめています。

それに追随するように高さのあるフードボウルが売り出されていますが、

Classy Bowlは、ペット先進国のカナダの獣医さんから20年以上も前に提案され

これまでに数々の研究と試作を重ね完成したフードボウルです。

 

Q:Classy Bowlはどうして高価なの?

A:ネコの胸の位置までの高さにすることと重みを出す為で、

多くの材料と土の量で製作費用が他のフードボウルの2倍以上かかっています。

他社製は製作費をおさえられますが、Classy Bowlよりも少し低く、皿が小さくて軽いです。

ポーランド製のClassy Bowlについて

最近、日本国内でポーランド製のClassy Bowlの販売を見かけるようになりました。
ポーランド製Classy Bowlの販売は当店のみオーナーならびにメーカーから認められています(当店はClassy Bowlの日本総代理店となっています)。
※日本製は製造も認められています。

日本国内で、当店以外で販売されているClassy Bowlと同じ形のフードボウルは、
Classy Bowlのメーカーが所有している型を無断または無許可で使用して作られた製品です。

多大な労力と費用をかけて作った型を他の業者に使われてしまい、
メーカー側もとても悲しんでいます。
こうした製品がこれからも出回りつづけますと、
ポーランド製Classy Bowlの存続自体が難しくなってきかねません。

少し悲しいご報告となりましたが、上記事情をご理解いただければと思います。


ネムクレエ/necoto.

Japan Made のClassy Bowl

2015年、日本で生産がはじまりました。
日本製のClassy Bowlは、佐賀県の有田と長崎県の波佐見のたくさんの職人さんが関わり、
手間と技術が注ぎ込まれています。

サイズのご説明

|5インチの特徴|
  • ・主にドライフードとお水用としてデザインされました。
  • ・少量のウェットフードにもご利用いただけます。
  • ・すべての猫と小型犬に適しています。
  • ・マズルの狭い犬(ヨークシャーテリアやチワワ、ポメラニアンなど)に適しています。

|6インチの特徴|
  • ・freshフードと缶フードのためにデザインされました。
  • ・ヒゲが器にあたるストレス(whisker stress)を軽減します。
  • ・マズルの低い猫(ペルシャ猫、スコティッシュフォールドなど)や犬(パグやペキニーズなど)に適しています。
  • ・ペットの顔の幅が5インチの内径よりも小さい場合は、5インチをお勧めします。 

 

ウォーターボウルの特徴|

  • ・水飲み用としてデザイン。
  • ・鼻の長い小型犬のフード用にも適しています。
  • 約600ml(3cup)のお水が入る大容量タイプなので、多頭飼いや留守をしがちなお宅に最適です。

◎サイズ選びにお困りのお客さまは、お気軽にお問い合わせください。
1